風が強く吹いている 15話 運命の場所 海外の反応

より引用

あらすじ、

無事にメンバー全員が公認記録を獲得。予選会の出場資格を得て、灰二が監督の田崎に現状を報告する。予選を突破するにはまだまだ厳しい状況が続くが、周囲の期待は高まる一方だった。テレビの取材も舞い込み、浮き足立つメンバー。しかし、ユキだけがどこか浮かない顔をしている。そしてムサの視線の先には双子と葉菜子の仲睦まじい姿が。風雲急を告げる秋。いよいよ予選会の号砲が鳴る!

以下コメント

・登場人物がゆっくりと成長していくのが印象的だな。
こんなに長い時間をかけて成長を描いていくアニメはいままで見たことないかもしれない。

 →ハイキューとはどう比較する??

  →ハイキューは派手なアクションシーンを主軸にして興奮させてくれる典型的な少年スポーツの作品だ。
この作品は成熟した青年がゆっくりと静かにお互い争って問題を解決していく作品だと思う。
どちらも特徴があって素晴らしいと思うよ。

 →毎回登場人物の成長と掘り下げをしているという意見には同意する。
先週の王子のエピソードが今のところのお気に入りのエピソードだな。
みんなと一緒に「王子、頑張れ」と画面に向かって叫んでいたからね(笑)
今回もすごく良かったよ。
彼らがメディアに注目されているのが嬉しいよ。

・ハナちゃんはカケルのことを好きなのかと思っていたよ。とりあえずハイジ、無事でいてくれ、、、
このチームには君が必要なんだよ、大会まで怪我無く無事でいてくれ!!

 →私はカケルとハナちゃんを見たいな。
カケルが恋愛に不器用な様子を見てみたいからね(笑)

  →ムサは色々知っているみたいだね(笑)

・今見終えたばかりだけど、このエピソードは大きな大会を完璧に表現できていたね。
まるで自分があの場所にいるかのような錯覚を覚えたよ。
自分にも覚えがある大会前の緊張が呼び起こされて、完璧な回だった。

 →私もそれがよかったと思う。音楽が相まって素晴らしく性格に表現されていた。

・昔、私もレースに出たことがある。
スタートする瞬間はすごく緊張するんだよね。
カウントダウンの時にメンバーがそれぞれ映し出される演出はすごく良かったよ。

・自分が出場したことのある大会との違いは、カウントダウンが5で止まるから、空砲のなるタイミングがわからないところだな。
あの脚をたたいてるシーンは当時の記憶がよみがえって来たよ、体が震えてきたー!!

→イエス、しくじらないように考えて、余計に緊張していた当時が本当によみがえってきた。

・同じ作者の「舟を編む」も素晴らしい作品だよ。
あまり知られていないけど、これが風が強く吹いているを観ようと思ったきっかけだよ。

 →彼女は才能のある作家だよね。
両方とも素晴らしい作品だよ。

  →「舟を編む」は私に辞書を作りたいと思わせた。
このアニメをみて走りたいと思うのは当然だよな。

・これ以上ハイジを傷つけないであげて、、、
彼は一生懸命頑張ってるんだからTT

 →テーブルにぶつかりやがったからだ。

  →少なくともハイジはトラック君に轢かれてはいない。

・ああ、見たくない。

 次のエピソードは私を殺すかもしれない。

・次回予告で不安になった。

・次回は「夢と現実」だ。
頼むから予選通過させてくれ、、、

 →夢は駅伝、現実はそれに参加できることであってほしい!

 →安心しろ、視聴者を驚かせたいだけだよ、何も起きやしないさ!!だよな、、、?

・雪彦は家族で問題を抱えているのか。
ムサが恋愛話をしているときの表情が面白いな。

→イエス、ムサの笑い顔は本当に面白い

・背景作画が本当に美しかったよ。

総投票数:115
   平均:9.37

管理人のコメント

僕はコメントを見て中学生の時に出たマラソンリレーを思い出しましたね。
サッカー部なのに少し早かったから出場させられたんですよね。
第一走者だったのであの経験があるんですけど、凄い緊張して嗚咽とか出てました(笑)
走り出したら緊張とか全くないんですけどね

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。